【恐怖!】ジャスティン・ビーバーが告白したライム病とは?マダニが媒介する細菌による感染症 アヴリル・ラヴィーンも罹患

1:2020/01/10(金) 16:35:19.59ID:prtwX8PE9 【恐怖!】ジャスティン・ビーバーが告白したライム病とは?マダニが媒介する細菌による感染症 アヴリル・ラヴィーンも罹患

https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_5e16d840c5b600960c5fea7c

アートとカルチャー
2020年01月09日 19時59分 JST
ジャスティン・ビーバーが告白したライム病とは? 同じ病気に苦しんだアヴリル・ラヴィーンの歌詞には…
ライム病はマダニが媒介する細菌による感染症。

中村 かさね (Kasane Nakamura)

アメリカの人気歌手のジャスティン・ビーバーさん(25)が1月9日(日本時間)、公式Instagramでライム病と診断されていたことを告白した。

ライム病はマダニに刺されることで細菌に感染する病気。歌手のアヴリル・ラヴィーンさんも闘病していたことで知られている。

ビーバーさんはInstagramで「いろんな奴が、ジャスティン・ビーバーは薬でラリってるみたいだとか、色々言ってたけど、みんなは僕が最近ライム病だと診断されたことを知らないんだ」と投稿。

「それだけじゃない、皮膚や脳の機能、エネルギー、健康全体に影響する慢性疾患の深刻な症状を抱えていた」と告白した。

さらに、「苦しい数年だったけれど、適切な治療を受けることが、これまで治療が難しかった病気を治すことにつながる。僕は復帰して、今までよりもマジでずっと良くなるはずだ」と宣言した。

ビーバーさんは2019年3月に活動休止を発表。「僕はハッピーじゃなかった」と、自身の心身の健康に問題を抱えていることをうかがわせていたが、1月3日に新曲「Yummy」をリリースした。

powered by Auto Youtube Summarize

Author: kokohenjp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です