「武蔵小杉はもう無理かもしれない」 トイレ禁止タワマンの末路

1:2020/01/10(金) 09:33:06.30ID:piuvk8Gf0
「武蔵小杉はもう無理かもしれない」。2019年10月12日、日本列島に上陸し、甚大な被害をもたらした台風19号。
武蔵小杉駅前に立つタワーマンション「パークシティ武蔵小杉ステーションフォレストタワー」では地下の電気系統が浸水。
停電や断水などの被害が起きた。同マンションの高層階に住む男性のAさんが、災害当時のマンションの内情を明かす。
なお、19年12月末現在は一部断水などがあるものの、電力も水も復旧している。

住人間で起きたエレベーター問題

「19年12日の夜21時ごろ、マンションの館内放送で1階フロア部分が浸水しているとありました。
大したことはないだろうと行ってみるとエントランスが池になっていました。
その日はそのまま就寝しましたが、夜中に目が覚めると電気が止まっていた。
非常階段があるエレベーターホールは自動ドアなので、そこも抜けられず。朝まで自分のフロアに閉じ込められてしまいました。
朝、階段で1階に下りると掲示板に『エレベーター復旧は1カ月後』とあり、実家に避難しました。
荷物を取るために2回、部屋まで階段で行かざるをえませんでしたが」

今回のようなケースの場合、「民法等により、賃貸人(所有者)側は賃料減額に応じる必要があります」と城南中央法律事務所の野澤隆弁護士は話す。
実際に賃貸で住んでいるAさんもオーナーに掛け合ったところ、翌月11月分の賃料が半額になったという。

やはり負担がのしかかるのは所有者側だ。野澤弁護士は続ける。

「今回の被害でマンションの資産価値が下がる可能性が高く、その場合、賃料も下げる方向にシフトせざるをえません。
加えて修繕積立金の負担分が増大し、住宅ローンを組んでいるオーナーは返済できなくなる可能性もある」

powered by Auto Youtube Summarize

Author: kokohenjp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です